ウルトラマン Ctype (塗装済完成品)

ウルトラマン Ctype 塗装済完成品として登場!

  • 商品ジャンル:塗装済完成品
  • 原型師:藤本圭紀
  • 全高:本体 全高 約40cm /全幅約30cm/奥行約20cm
  • 材質:PU(無発泡ポリウレタン/レジンキャスト)一部別素材を使用
  • 価格:65,000円(税込)
  • ※画像は開発中のものです。商品とは一部仕様が異なる場合があります。
  • ©円谷プロ
G3公式ショップ 7月30日 再生産予約開始

誰もが知る説明不要の特撮ヒーロー「ウルトラマン」
原型師 藤本圭紀の特撮愛あふれる造形。量産の為に手を抜かず最適化された彩色。
ウルトラマンCtypeをレジンキャスト製 塗装済完成品としてリリースいたします。

"GIFT FROM SCULPTORS"

我々G3のテーマです。
できるだけ生でお届けできるよう努力を続けております。
是非、原型師から生み出される熱い魂をその手で受け取っていただければ幸いです。

最新情報 一般販売中止と再生産予約のお知らせ 2021年7月26日

本商品の一般販売のご案内発表が遅れてしまい誠に申し訳ございません。
現在たくさんのお問い合わせを頂戴しており、返信作業が追いつきません。本件一般販売については本記事にて返信とさせてくださいませ。

まず結論として今回の一般販売は見合わせたいと思います。ご期待膨らむ中でこの発表は大変心苦しいです。申し訳ありません。言い訳でしかございませんが、事情について説明させていただきたく思います。

予約購入者の皆様、情報を収集されている方々の中にはご存知の方もおられるとは思いますが、本商品は輸送上の問題があり初回出荷分について破損問題が発生しております。ご連絡いただいている皆様には初期不良として交換対応、または修理にて対応しており、作業自体は順調に進行しております。該当のお客様にはご迷惑とお手数おかけしておりますが、商品として問題ないものを改めて納めさせていただいている状況です。

しかしながら、この対応のために予約分以外に準備していた商品在庫や部品を用いており、一般販売を予定していた分量の余裕がなくなりました。
発表をお待ちいただいた中、本当に申し訳ございません。

また、当ブランドの姿勢としては、オークション等における本商品をとりまく現状について、あまり良い状況であると思っておりません。
他社様と同様に当ブランドではオークション等より入手された商品の保証は、正式にお断りしております。どの時点で発生した破損、汚損、傷であるか不明だからです。
その上で正規方法で入手できない現状について、一定当ブランドの予約システムや期間、一般販売中止などの経緯が影響しているという点で責任を感じております。

そこで追加再生産を決定いたしました。
梱包の見直しを行い輸送上で発生する破損は問題ないようにいたしますが、商品自体の仕様は極力変更いたしません。手作業による彩色ですので一度目の生産ロットと完全に同じものであることは約束できませんが、生産管理上同様のものを目指し生産いたします。
2021年7月30日(金)21:00より予約受付を開始いたします。
本決定と経緯についてご理解、またあわせてご予約ご検討のほどよろしくお願いいたします。

解説書訂正について 2021年7月7日

付属の説明書に関して、ボタン電池LR44の装着向きに記載不備がございました。誠に申し訳ございません。
訂正版解説書のPDFを以下よりDLの上、こちらを参考に電池を装着していただければと思います。お手数ですが何卒よろしくお願いいたします。

>>PDFファイルをダウンロード<<

一般販売については、予約者様への対応が落ち着いてから発表いたしますので今しばらくお待ちくださいませ。

本作は塗装済完成品としてリリースする意義がある!

「うお。なんやこれ」
2019年某月某日「面白いものあるけど見る?」とG3プロデューサーである吉川に呼ばれ、向かった先には本作ガレキ版彩色見本があった。
見た瞬間に発した言葉はシンプルな感嘆。なんだこれ?としか言いようがない。
「ちょっと頑張らないといけないだろうけど、これを塗装済完成品でやろうよ」が二言目であった。

Xworksよりリリースされた原型師 藤本圭紀制作の傑作ガレージキット。
その魅力を余す事なく伝える為、塗装済完成品としてG3が全力投球いたします。

PVCよりも高詳細でポリストーン(コールドキャスト)よりも高強度。デコマス、ガレージキットと同じ素材であるレジン(無発泡ポリウレタン)を用い、彩色においてもデコマスとの差異を限りなくゼロに近づける。時代が求める塗装済完成品の最終形態がG3の目指すスタイル。
当然!LED内蔵により目とカラータイマーが光ります!
G3は原型師から生み出される熱い魂をその手で受け取って欲しい思いから「GIFT FROM SCULPTORS」をテーマとして掲げます。

まさに、細部にいたるまで全てが見どころといえるこの傑作造形をぜひ皆様のお手元に!

ウルトラマンCtypeとはなにか

「ウルトラマン」は言わずと知れた円谷プロの特撮ヒーローである。
放映から50年以上経った現在も数多くの造形商品がリリースされ、根強い人気を保っている。
1966年から1967年に放映された初代「ウルトラマン」のマスクには3タイプのデザインが存在しており、全39話の内、30~39話に使用されたマスクがCtypeと呼ばれる。
このCtypeがその後に続くウルトラマンのプロトタイプとなっている。

商品に選んだシーンについて

本作は数ある名シーンの中から、第36話「射つな!アラシ」の一場面を選んだ。
変身怪獣ザラガスの怪光線によって失速するジェットビートルを救出する有名なワンシーン。
右手にジェットビートルを持たせることで身長40メートルの巨大感を演出し、 腰を落として低く構える独特のポーズが、初代ウルトラマンならではの魅力を引き立てている。

原型師について

本作品の造形を担当した藤本圭紀氏は幼少時より幅広い円谷作品を愛好しており、膨大な知識と資料を元にした本作にはスーツ再現への驚異的な拘りが反映されている。

スーツアクターである古谷敏氏を忠実にトレースしたプロポーション。
マスクのフォルム、瞳の形や覗き穴、耳部分にあるライトのスイッチ、ジェットビートルの形状、それらの正確さとそれぞれの大きさの関係性。
スーツの継ぎ合わせによるラインや手袋との境界線、素材の違いを示す皺の表現。
地道な考察と細かい気配りの積み重ねにより、本物のスーツかと思えるほどの圧倒的な実在感が成立している。

しかし、本作品の最大の魅力は、考証の再現を超えた美しさにこそある。
映像から飛び出してきたかのようなリアリティをもちつつ、スーツの皺ひとつ、指の曲げ方ひとつ、ポージングのかすかな演出など、至る所に造形センスが発揮されている。
藤本圭紀氏のフィルターを通して表現された「ウルトラマンCtype」にはトレースを超えた造形物としての魅力が集約されているのだ。

幼少期に誰もが憧れたヒーロー、ウルトラマン。
本作品は、違いの分かる大人になったからこそ傍に置きたい作品である。

材質へのこだわり

当ブランドのスタチューは材質にPU(無発泡ポリウレタン)を主に採用しております。
通常使用できる複製材料としてPVCやABSよりも高詳細に原型を再現でき、またポリストーンよりも細部がハッキリとしていて高強度です。
また彩色においても表面再現度の高さが有利に働き、デコマス(彩色見本)を再現しやすいという利点があります。

しかし欠点として材料コストが他と比較して高く、複製作業に時間がかかります。
その点においてユーザー様へのご負担につながりますが、すべてはクオリティの為とご理解いただければと思います。

開発マンTの開発日誌

順次更新予定